アクセスカウンタ

環境落語

プロフィール

ブログ名
環境落語
ブログ紹介
落語が好きな人、環境活動をしている人、環境の知識を面白く伝えたい人、環境落語や環境漫才に興味のある人、環境落語や環境漫才を講義やセミナーに取り入れたい人、え〜い環境落語を自分で創作してしまえ〜という人なんかが「ええんちゃう」とういブログ
このブログは「技術士事務所 環境空間」が提供しています。
環境・落語講演のご依頼は「技術士事務所 環境空間」がええんとちゃう?

環境落語本原稿はこちら

著者紹介(講義風景)はこちら

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
環境落語原稿「まいど環境配慮型屋台2015」(前編)
環境落語原稿「まいど環境配慮型屋台2015」(前編) このお話は、夜店のたこ焼き屋が主人公で、オヤジ一人のたこ焼き屋が物凄い「環境経営」をしているのです。企業がどのような考え方で環境を配慮しながら儲けるのか、みなさんと一緒に考える内容になっています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/01/11 13:37
環境落語原稿「まいど環境配慮型屋台2015」(後編)
環境落語原稿「まいど環境配慮型屋台2015」(後編) サラリーマン「おまえ、ほんまにたこ焼き屋か? うまい商売しとんな。しかし、わいみたいに、初めて来た客は段取りわかれへんから、マイタッパー用意してへんで。」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/01/11 13:32
環境落語原稿「病気のガイヤ2015」(後編)
環境落語原稿「病気のガイヤ2015」(後編) 地球「せやから、なんの関係がありまんねん。全然聞いてへんな。」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/01/04 12:57
環境落語原稿「病気のガイヤ2015」(前編)
環境落語原稿「病気のガイヤ2015」(前編) つい最近までは「地球温暖化防止対策」という表現でしたが、2015年半ばに地球の平均二酸化炭素濃度が400ppmを超えてから「地球温暖化対策」という表現になりました。これは、もはや、温暖化は防止できない、もう、地球は温暖化しているという意味でもあり、これからの対策は、今までの対策である省エネや自然エネルギーの開発、森林保全、生物多様性などの対策を温暖化のスピードを緩和する「緩和策」として継続強化し、温暖化による気象や生態系の影響変化に適応して生き延びるための災害対策、伝染病対策、農作物など... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/01/03 16:47
環境落語本原稿(目次)
環境落語本原稿(目次) この目次はこれから編集する本文とリンクを貼っていきます。 編集できたところから、リンクを貼って順次更新していきます。 お気に入り、ブックマークをつけておくと便利でっせ〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 16 / コメント 0

2016/01/02 18:00
環境落語原稿「環境配慮型葬儀」
環境落語原稿「環境配慮型葬儀」  このお話は高齢化社会から高齢社会を迎えた今、町内会の葬儀を仕切る町会長が、自分の葬儀をどのようにしようかと、ある寺の和尚に相談に来るところから始まります。社会貢献や環境負荷を考慮すると、どんな葬儀になるのでしょう。和尚は「死体は魂の抜けたゴミ」と言うのです。こんなお話ですが、内容は循環型社会形成のための廃棄物の適正管理を考えて頂くようになっています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/01/02 17:54
2015年の主な環境落語講座実績
2015年の主な環境落語講座実績 皆様、2016年あけましておめでとうございます。 2015年はブログをほったらかしにしてしまいましたが、環境落語は続けてまいりました。 落語の内容も時代の流れに沿って少々更新もしています。 「電気売り」「環境配慮型葬儀」の2015年新作 「まいど環境配慮型屋台2015」「病気のガイヤ2015」は2015年に更新しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/01/01 17:42
環境落語本原稿「電気売り」(その2)
環境落語本原稿「電気売り」(その2) 前の話を読む 次の朝、リヤカーを取りに行って、ある、住宅街にやってまいります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/05/27 11:23
環境落語本原稿「電気売り」(その1)
環境落語本原稿「電気売り」(その1)  このお話はちょっと先の未来を想定しております。  電気というエネルギーについて、考えて頂く内容ですが、まずは、電力会社はもうなくなっており、各家庭は自給自足の電力で生活している状態です。関西電力も東京電力もありません。石油も枯渇寸前で石油製品は高騰して、各家庭はもっぱら自然エネルギーで電気を造っております。工場や商業施設、マンションなんかは自然エネルギーの他にメタンハイドレードのハイブリッド発電機で電気を賄っているのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/05/26 19:24
ショッカーさんとドライブ(宴会ネタ?)
ショッカーさんとドライブ(宴会ネタ?) 仮面ライダーで出てくるショッカー、あの悪者怪人の手下でガイコツ柄のタイツを履いたやつです。そのショッカーとドライブへ行くという話です。 ショッカーの台詞は「イィィー」とか「キィィー」だけです。これだけで、いろいろな表現ができるんですな。怪人に敬意を表す「イィィー」、仮面ライダーのパンチを受けて痛い!「キィィー」、怯える「キィィー」、威嚇する「キィィー」、いろいろあります。 どこかのCMであった「ショッカーさん、どこが痛いんですか」「イィィー」をパロってみました。 (♪♪迫る〜ショッ... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/05/22 15:44
アイドリングストップは必要か?
アイドリングストップは必要か? 創作環境落語を編集するのにいろいろ考えたことを「忘れんように」書き留めるために、こんな文章を書いてます。今日は「アイドリングストップ」の意味や実施方法について考えたことを書き留めます。写真は電気自動車。アイドリングストップて? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/04/23 12:09
環境落語本原稿「汚染の恵み(その2)」
環境落語本原稿「汚染の恵み(その2)」 それから、1ヶ月が経ちました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2013/04/12 14:00
環境落語本原稿「汚染の恵み(その1)」
環境落語本原稿「汚染の恵み(その1)」 「土壌汚染と情報公開、環境PRを考える」 主人公はケーキ屋の社長です。最近、土地を担保に1億円を銀行から借入し、高性能の冷凍機と冷蔵庫を購入して商売も順調にいっていました。ある日、銀行マンがやってきて「社長の土地は汚染されているので担保価値がなくなった。工場、土地、設備を差し押さえる」と言うのです。銀行マンは土壌汚染を公表するように薦めますが、社長は承知しません。しかし、銀行マンの説得と提案でこれを公開することによって環境配慮をPRし、環境経営に目覚めていくお話です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 0

2013/04/10 13:01
なぜ、土壌汚染は問題か?「リスクと安全性」メモ3
なぜ、土壌汚染は問題か?「リスクと安全性」メモ3 創作環境落語を編集するのにいろいろ考えたことを「忘れんように」書き留めるために、こんな文章を書いてます。今回は「リスクと安全性」について考えてみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2013/04/07 14:39
なぜ、土壌汚染は問題か?「環境基準はどうして決まるのか」メモ2
なぜ、土壌汚染は問題か?「環境基準はどうして決まるのか」メモ2 創作環境落語を編集するのにいろいろ考えたことを「忘れんように」書き留めるために、こんな文章を書いてます。今回は「環境基準はどうして決まるのか」について考えてみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2013/04/05 18:04
なぜ、土壌汚染は問題か?「土壌汚染と土地汚染」メモ1
なぜ、土壌汚染は問題か?「土壌汚染と土地汚染」メモ1 創作環境落語を編集するのにいろいろ考えたことを「忘れんように」書き留めるために、こんな文章を書いてます。今、編集中の環境落語は「汚染の恵み」という題です。土壌汚染は厄介なものですが、まず、「土壌汚染と土地汚染」の違いについて考えてみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2013/04/03 17:15
環境落語本原稿「アンドロイドとおばあちゃん」
環境落語本原稿「アンドロイドとおばあちゃん」 「こんな、おばあちゃんおったら面白い」  最近の通信技術はスマートホンやタブレットの普及とともに、様々な場面で環境に貢献するようになりました。スマホ+自動車、スマホ+家電、スマホ+住宅など便利でしかも環境負荷を削減できる総合技術としてクローズアップされています。題名のアンドロイドというのは「人造人間」「人間的な知性を持つロボット」という意味でギリシャ語では「男っぽい」という意味だそうです。それが今は、スマホやタブレットの実行環境を制御する総合的な基本ソフトの名前となって有名です。アンドロイドはグ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 0

2013/04/02 16:14
環境落語本原稿「墓場ビオトープ(その3)」生物多様性(共生)
環境落語本原稿「墓場ビオトープ(その3)」生物多様性(共生) 環境落語「墓場ビオトープ」最終回です。和尚のたくらみは墓場の住民(幽霊?)を利用して儲けることだったのです。幽霊?と人間の共生は自然と人間の共生に共通するところがあるのでしょうか? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/05/25 10:05
環境落語本原稿「墓場ビオトープ(その2)」生物多様性(共生)
環境落語本原稿「墓場ビオトープ(その2)」生物多様性(共生) さて、地球環境について過激な説教をしている和尚でしたが、ここから和尚のたくらみが明らかになってきます。どないするんでしょうな??? ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2012/05/17 09:33
環境落語本原稿「墓場ビオトープ(その1)」生物多様性(共生)
環境落語本原稿「墓場ビオトープ(その1)」生物多様性(共生) 主人公は、ある寺の和尚。和尚は高齢化社会の到来から死人が増えると見込んで墓場を拡張する計画を企んでいます。拡張する墓場は最新の省エネ技術を駆使した墓地ビルにするというのです。しかし、住人(墓場の住人:幽霊?)から反対を受けて、現状の墓場はそのまま保全して墓場ビオトープにすることになりました。が、・・そのビオトープを利用して和尚が企んだこととは・・・・生物?の共生を考えていただく内容です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2012/05/13 10:33

続きを見る

トップへ

月別リンク

環境落語/BIGLOBEウェブリブログ
[ ]
文字サイズ:       閉じる